映画「ダンケルク」あらすじ・結末ネタバレ※全国公開9月9日!!

クリストファー・ノーラン監督が歴史映画を作り上げました!

映画「ダンケルク/Dunkirk」は、トム・ハーディ、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、など新人俳優から有名俳優が演じるというので、ここ最近大注目されています。

第二次世界大戦の大救出劇「ダンケルクの戦い」を映し出す歴史戦争映画。

ダンケルクの戦い(作戦名:ダイナモ作戦)を、みなさんはご存じですか?
史上最大のその撤退作戦は、歴史好きの方なら必ず耳にしたことがあるはずです。

フランスが降服するきっかけとなったダンケルクの戦いがまざまざと映しだされて、迫力満点の映画。
海外ではすでに公開されていますが、日本での公開日は2017年9月9日(土)♥

公開まで待ちきれないですが、その前にあらすじから結末ネタバレまでチェックしていきましょう♪

映画「ダンケルク/Dunkirk」のあらすじ

時は1940年、ダンケルクの戦いとは、ナチスドイツ軍がフランス侵攻途中に実際にあった戦いのこと。

フランスの都市・ダンケルクに駐在中のイギリス海軍とフランス軍の合わせて約40万人もの兵士をナチスドイツ軍から救い出すことを目的としていました。
イギリス軍は、当時のチャーチル首相の命により軍艦や民間の漁船まで船舶全てを使い、大救出作戦を敢行。
それに対し、ナチスドイツ軍も空軍による突撃でその救出を抑えつけようとしますが…。

実際にあったこの戦いを基に、映画「ダンケルク」では、空、陸、海のそれぞれの視点で描かれています。

イギリス海軍は、民間も船やボートまでも使い大救助を行う事に!

それを聞き、ドーソン(マーク・ライランス)と息子のピーター(トム・グリン=カーニー)はすぐに船でダンケルクへ向かいます。
その途中で墜落した飛行機の中からパイロットを救助。

ですが、そのパイロットに「ダンケルクは危険だ!」と止められてしまいます。
そこからドーソン達は…。

イギリスの戦闘機である「スピットファイヤー」が、ドイツ軍の戦闘機と衝突!
スピットファイアーの3機中、リーダーの乗る機体が撃ち落されてしまい…。

リーダーを失い、ファリアー(トム・ハーディ)は自分が指揮を執りはじめます。
ですが、もう1機も撃ち落されてしまい、1人でドイツ軍と戦う事になったファリアーが取った行動とは…。

イギリス軍の若い兵士トミー(フィン・ホワイトヘッド)は、他の兵士とともに、ドイツ軍の銃撃からまぬがれ、なんとかダンケルクのビーチにたどり着くことに。

そこでギブソン(アナイリン・バーナード)と出会います。
彼らは、偽装工作をして船に乗り込みそこから逃げようと試みますがばれて追い出されてしまいます。

ドイツ軍の攻撃は続くばかりで、たくさんの兵士とともに何とか逃げようとしますが..。

これら3つの視点で共通して言えることは、どの場面でも生き延びることを最優先に大撤退作戦が行われたという事。
35万人もの兵士の命は助かったんでしょうか…

ここまでが映画「ダンケルク」 の簡単なあらすじです。
ほぼ実際に会ったことを再現した映画で、当時の歴史を体感できるものとなっていますね。

映画「ダンケルク/Dunkirk」の予告動画をチェック!

ダンケルクの本予告動画です♪

映画「ダンケルク/Dunkirk」※twitterでの評判は!?

【結末ネタバレ】知りたくない人は見ないでください!

ここからは簡単な映画「ダンケルク」 の結末を説明していきます。
結末は映画館でのお楽しみという方は、スルーしてくださいね♪

民間漁船の活躍のおかげもあり、40万人もの兵士のほとんどは救出されます!
つまり、ダンケルクの戦いは成功という形で幕を閉じたのです。

しかし、救出された兵士たちは生きて帰れたことを喜びつつも、逃げてきたことを責められるのではないかとヒヤヒヤ。
あとから、チャーチル首相が新聞でダンケルクの戦いでは、命を優先したと語っていたことが分かります。
それを知り、兵士の アレックス(ハリー・スタイルズ)はホッとするのでした…。

実際の映画では、もっと複雑なストーリー展開となっているはずですが、ざっくりいうとこんな感じです。

歴史映画を見るといつも心が痛みます。
映画「ダンケルク」はきっと目を覆いたくなるような内容になっているような気がしてなりません。
ですが、実際に起こっていたこの史実、ちゃんと受け止めていくべきですよね。

>>>映画「ダンケルク/Dunkirk」のキャストについてはコチラ

コメントは受け付けていません。