豆乳ヨーグルトの作り方【腸活効果炸裂】R1で簡単手作り♪

ここ最近雑誌やTVでも話題になっている「豆乳ヨーグルト」をご存知ですか?
腸内環境改善、ダイエット、免疫力アップ、美肌効果などたくさんの嬉しい効果が期待できるんです。

そんな話題の豆乳ヨーグルトですが、我が家では1年以上前から手作りしています♪
以前は免疫力アップのためにR1ヨーグルトを毎日食べていました。
ですが、R1ヨーグルトって高いですよね。
1個120円位なので、家族4人分だとそれだけで1日500円弱!
毎日食べ続けるにはコスパ的にきつく、手作りでR1ヨーグルトを…と思い見つけたのが豆乳ヨーグルトでした。

自宅で意外と簡単にできてしまうんですよ。
レシピ検索サイトのクックパッドでも、豆乳ヨーグルトのレシピは1,000件以上も掲載されています。

ここでは、R1ヨーグルトを使った簡単な豆乳ヨーグルトの作り方をお伝えしていきますね!

R1ヨーグルトで簡単手作りできちゃう豆乳ヨーグルトの作り方

【用意するもの】

・無調整豆乳 1L
・R1ヨーグルト 1カップ
・粉末黒砂糖 小さじ3くらい
・粗塩    少し
・ヨーグルトメーカー
・じょうご(豆乳にR1ヨーグルト等を入れるときに便利)

※粉末黒砂糖と粗塩は、自宅になければ入れなくても大丈夫!私はミネラル補給のために入れてます。

【作り方】
1、スプーンとコップをよく洗い、70℃くらいの熱湯で消毒する。
2、常温の豆乳を開けて、100ml(コップ半分位)ほどを他の容器に移す。
3、スプーンでよくかき混ぜたR1ヨーグルトを豆乳の中に入れる。
4、粉末黒砂糖と粗塩は自宅にあれば、一緒に入れる。
5、豆乳のキャップを閉めてよく振る。
6、ヨーグルトメーカーにセットする。

基本的な豆乳ヨーグルトの作り方は、上の材料を混ぜ合わせ、40℃くらいで温め続けると発酵が進み固まってできあがり。
そのように、ヨーグルトメーカーを使わず温度調整を自分でして作る方法もありますが、それだと面倒ですよね?
入れてスイッチオンだけで出来上がる方が楽ちんです。

私が使っているのは、ヨーグルトファクトリーというもの。
実は、これは牛乳パックサイズなのですが、豆乳1Lの大きさでも少しだけギュッとすれば入ります!

夏と冬では気温が違うので、できる時間も変わってきますが、
基本的には半日くらい。
軽くゆすって、固まっているようならできあがり。

夜セットしておけば、翌朝にはできたての超~美味しい豆乳ヨーグルトが食べられますよ♪

でき上がったら冷蔵保存して、なるべく早めに食べましょう。
我が家では豆乳ヨーグルト1L分が2日でなくなります。

↓↓今は改良されて新型が出ていました。↓↓

豆乳ヨーグルトの美味しい食べ方

我が家で人気の豆乳ヨーグルトの食べ方をご紹介しますね。

1、豆乳ヨーグルト+黒砂糖
2、豆乳ヨーグルト+ヨーグルトソース(イチゴがおすすめ)
3、豆乳ヨーグルト+カルピス
4、豆乳ヨーグルト+かき氷シロップ

私はそのままプレーンで、できたての温かい豆乳ヨーグルトが1番!

子供達も、もちろんそのままでも美味しいと言ってくれます。
でも上記のように甘いものがセットだとさらによく食べてくれるので、いつも何か混ぜるようにしました。
子供達的には、黒砂糖が1番合うとの事です。

豆乳ヨーグルト※我が家での嬉しい効果♪


最初にお伝えしたように、豆乳ヨーグルトにはたくさんの嬉しい効果があると言われています。

我が家でも、お姉ちゃん(8歳)が全く風邪をひかなくなりました。
小さい頃からよく風邪をひいていたのですが、豆乳ヨーグルトを食べ始めてから学校も休まず皆勤賞です!
去年、インフルエンザが小学校で流行った時も以前なら真っ先にうつっていたのに、ピンピンしていました。
おそらく、免疫力が相当上がったんだなとママ的には嬉しかったですね。

弟(5歳)の方は、もともと丈夫なので豆乳ヨーグルトを食べる前から幼稚園もずっと皆勤賞です。
でも、それ以外でお通じがものすごくよくなったみたいなのです。
便の形がすごく良くて、いつもきれいなバナナ形♪

我が家では、豆乳ヨーグルトで腸活と免疫力アップにすごく効果が感じられています!

豆乳ヨーグルトは簡単に作れるので、気軽に試してみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。