緑茶の美肌効果※エイジングケアに使える♪と話題のスーパーフード?

日本人の大定番である「緑茶」。
緑茶が健康にいいということはご存知の方も多いですよね。

ここ最近は海外セレブの間でも、緑茶は大人気なのだそうです。
その美肌効果の高さからジャパニーズスーパーフードと言われているほど。
私たち日本人にとってはすごく身近な存在の緑茶。
海外からも注目されているその美肌効果とは、どのようなものなのでしょうか?

ジャパニーズスーパーフード♪緑茶の美肌効果が凄すぎ!

スーパーフードというと、チアシード、マカ、スピルリナなどが思い浮かびます。
ですが、緑茶も納豆や味噌、甘酒とともにジャパニーズスーパーフードとして、日本スーパーフード協会に認定されているのです。
【引用元:日本スーパーフード協会

美白効果!緑茶3杯でリンゴ1個分のビタミンC

ビタミンCといえば、美容には欠かせない栄養素ですね。
緑茶にはビタミンCもたっぷり入っています。

ビタミンCは、コラーゲン生成にとても重要。
紫外線からもお肌を守ってくれるので、シミの原因になるメラニンを出来にくくしてくれます。

出来てしまったシミにも効果的。
ビタミンCがシミを無色状態にさせることで、シミを薄くする効果もあるそうです。

カテキンの抗酸化作用でエイジングケア

カテキンは活性酸素を取り除いてくれる強い抗酸化作用があります。
緑茶はカテキンの含有量もたっぷり。

お肌のくすみ、しわ、たるみなど肌老化のお悩みにはこの抗酸化作用が最適なのです。

β-カロテンがお肌を健康に

お肌の潤いを保ち、乾燥しないためにはβ-カロテンが重要な役割を果たしてくれます。

β-カロテンは、緑茶の葉の部分に多く含まれているため、普通に熱湯でお茶を入れても抽出されません。
ですから粉末茶や抹茶で茶葉そのものを飲めるようなものがいいのです。

「食茶」食べる緑茶にはまってます♪

緑茶の茶葉を残さず食べる「食茶」というものが、最近話題になっているようです。
お茶を入れたときに出る、お茶殻をそのまま食べるという新しいお茶の活用方法。
上で紹介したβ-カロテンも「食べるお茶」の方法ならちゃんとその栄養素を取り入れられますね。

食茶の方法としては、お茶殻をお料理に使ったり、ふりかけや薬味にしたりといろいろとあるようです。
ですが、それってちょっと手間がかかかりますよね?

私は、粉末茶で食茶を始めています。
ここ最近はまっているのが「食べる緑茶」。
農薬や化学肥料も一切使用していないので安心なんです。
抹茶のようですが、苦みもありません。
我が家の子供達も「おいしい♪」と毎日飲んでいますよ。

 

コメントは受け付けていません。